体力がない人がどうやって人生を勝っていくか

体力がない人がどうやって人生を勝っていくか

30歳を手前にして体力の衰えを徐々に感じる日々である。

今回は体力がない人が、人生という大きな物語をいかに自分がなりたいようにつくるのか、もっと言うと人生を勝っていくのか考えていきたい。

物事の優先順位をつける

まず人生という大きな物語を考えていくなかで、どこで勝ってどこで負けるかを決めていきたい

孫子の兵法でも、「百戦百勝は善の善なる者に非ず」と説いている。

全ての戦いに勝とうとするのではなく、負ける場所を作るべきなのだ。

私の場合は、副業の不動産と家業の農業を第一位とし、勤め人を第二位としている。

勤め人としての出世は諦めているが、不動産・農業部門はこれからどんどん拡大していくつもりだ。

体力がある人ですら人生勝つことは難しい、況や体力がない人をや、である。

負ける場所を作り、少ない戦力を勝たないといけない場所に集中すべきなのだ。

頭を鍛える

人生戦略を考える上で、重要となるのが頭脳である。

脳みそを鍛えていないと、自分がなりたい青写真を描けないからだ。

ここでは頭の鍛え方を2つ紹介したい。

その2つというのが、読書と瞑想・座禅だ。

読書

知識を得るという中で、最も効率的な手段が読書である。

社会人なり立ての頃、自分の不勉強を恥じて、毎月20~30冊以上読んでいた。

今は仕事や家庭のウェイトが多くなったため、読書量は減ったが、それでも毎月10~15冊くらいは読んでいる。

瞑想、座禅

頭を整理するという意味で効果的なのが、瞑想・座禅である。

何も考えない、ボーっとした時間というのは、人間にとって必要である。

この余白が心に余裕を産み、瞬発力のいるような場面で適切な判断ができる。

体力を温存する

ここでは体力の温存方法について考えたい。私が意識しているのは、睡眠・食事・オナ禁。この3つである。

睡眠

プロのアスリートは1日8~10時間以上睡眠に当てているという。

世界的な高出力を出すためには、それだけエネルギーを蓄えないといけないということだ。

私も基本的に8時間以上の睡眠を心掛けている。

体力を蓄えていないと、体力がある人間に勝てないからだ。

食事

食事も重要だ。

炭水化物、脂質、タンパク質どれも大事だ。

私は毎日プロテインとビタミンのサプリを摂っている。ビタミンは40代以上で大きな差になるらしい。

将来の布石として継続していきたい。

オナ禁

精子を出すと賢者タイムになる。

やる気がそがれるのだ。

精子の出し過ぎは、活力が低下してよくない。オナニーはなるべく辞めた方が良いだろう。

戦える身体作り

大学のころ、アメリカ旅行に行ったとき、黒人の人間としての強さに衝撃を受けたことがある。

あれ以来、私はジムに行き、いつ黒人と戦うことになっても勝てる身体作りをしてきた。

ジムに行って筋肉を鍛えることは非常に良いことだと思う。

また肉体労働などをして、身体を動かしながら金銭を得ることは一石二鳥でより良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です