無駄な敵は作るな

無駄な敵は作るな

大学受験の時の話である。

私は、同級生や高校の教師、家族など周りに多くの敵を作っていた

実力に見合わない高すぎる志望校を同級生に知られ、笑われ、授業を聞かず内職をしていたことで教師から白い目で見られ、家族からは志望校を下げるよう提案され続けた。

まさに四面楚歌である。

幸い、第一志望校に合格することができたのだが、四面楚歌の状況で非常に無駄な労力を使ったなと反省している。

この大学受験で私が学んだ教訓は、無駄な敵を作るなである。

夢を語ると、「それは出来ない」と嘲笑し、あまつさえ邪魔をするドリームキラーはどこにでもいる。

そういう輩には、自分の叶えたい夢を語らないのが一番である。

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや。小人には、どこまで行っても君子の志を理解することはできないのだ。

兵法三十六計の一つに、「仮痴不癲(かちふてん)」というものがある。

これは、愚か者を装って相手に警戒心を抱かせず、時期の到来を待つという意味の言葉である。

同級生や教師、家族etc。

機が来るまで、彼らに自分の志は言わないようにしよう。

いつ、どこで、誰が、自分のドリームキラーになるか分からない。

人畜無害を装うことでドリームキラーを作らせず、自分の夢を叶えるために行動するのが賢明な一手だと私は思う。

関連記事

寄進地荘園と節税の歴史

2021年4月17日

株式投資と小商い

2021年4月10日

方言周圏論と地方の文化

2021年3月20日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です